イメージ画像

イッパイ飲むこと

はてなブックマーク - イッパイ飲むこと
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、あるグループの人とイッパイ飲みました。
同好で年も近いので、いい話が出来ればと思っておりましたが、非常に後味の悪いひととき。

この感じは、何処かで経験したな、と思いめぐらせば、昔サラリーマンを辞めて個人事業の道に入った時、会社時代の同期などと一緒に飲んだ時の経験と同じだ。

私もサラリーマンの時はそうだったのかと思ったりしましたが、個人事業の道に入った私としては、リスクをとって自己責任で行うことが第一なので、彼らのようにリスクを取らない批判するだけのいいとこ取りの生き方なんて、全く理解できず、違和感だらけだったことをおもいだしました。

その感じと同じ。

いまのクラブのていたらく、何とかしたいと思っている、といえば、
「あなたがそんな考えをしているなんて全く思わなかった。やってください、応援します。」
なんて言われてもね。

思いの外、人を見る眼が無い。

サラリーマン時代はとてもいい仕事をしたそうで、「過去の栄光」の世界のなかにどっぷりと浸った毎日を過ごされ、まだまだ若いのに悠々自適の隠居生活を送っているそうだ。

私にはできないし、憧れもしないよ。

世界がまったく違うことをつくづく痛感した。

彼とはああいう形で一緒にイッパイ飲むということは、二度と無いでしょう、残念ですが。

彼も「世界が違う」と、同じような感想を持っているでしょう。

大分と距離が出てきましたなあ。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:所長のおしゃべり

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ