イメージ画像

環境テロリスト「シーシェパード」

はてなブックマーク - 環境テロリスト「シーシェパード」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
このエントリーをはてなブックマークに追加

シーシェパードについて、彼ら環境テロリストを庇う者は、私は擁護できません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120109-00000093-san-soci

彼らの活動の息の根を止めるためには、米国のあほで偽善的な俳優、金持ち達の寄付をストップさせること。

 

 

鯨を食する、ということは我が国の古くからある食文化。

科学的に調査して、キチッと、種としてのバランスをはかって捕獲するということになんの問題もありません。

東洋人の私からみれば、平気で牛を屠殺して食するアングロ・サクソン、野生のカンガルーを、増えすぎている、ということで何万頭も屠殺するニュージーランド国等、自分たちの行動を棚に上げるその理屈の身勝手さに首をかしげます。

鯨関連で、もう一つ疑問なこと。

ほ乳類の鯨と同じ視点で見る「イルカ」問題があります。

聞くところによると、鯨はもちろん、イルカが生息するところは、魚がほとんど捕れないそうです。つまり、イルカも沢山の魚を食ってしまう。

イルカが回遊して来れば、そのとたん、魚が捕れない。

漁師さんが生活できませんし、それに、私たちの貴重なタンパク源が失われます。

「イルカは可愛い」ことは否定しませんが、無批判に「良き生物」と決めつける昨今のマスコミ等の扱いも私は以前から疑問に思っております。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:所長のおしゃべり

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ